にこにこ日記♪


by sud-sayur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

武蔵野線にゆられて~♪

大学からの帰り道、今日はあまりにも気持ちのいい秋晴れだったので、このまま帰るのはもったいないと思って、私はまたやってしまいました。アレを!!

大学の最寄り駅から武蔵野線に乗って、終点の海浜幕張駅(千葉)まで行きました。しかもお金がないので改札は出れません!!売店でパンを買ってトイレ休憩して、さあ帰ろうかと思ったのですが、まだ太陽が沈んでないからもう少し行ってみよう!と思った私は、その後、京葉線で東京駅まで行きました。何をするわけでもなく、外を眺めてるんです。海やビル、原っぱや家並みを見ているだけ。でも、こんな時間が大好きなのです☆周りから見たら「ヒマ人」そのものですよね。そして、始発の武蔵野線で東京駅を引き返しました。一人電車で4時間の旅です☆

武蔵野線はみんなから「本数少ない」「うるさい」「揺れる」など評判はイマイチのようですが、私はそんな武蔵野線がなんだか好きです。高台を走っているから、眺めがいいし、東京→埼玉→千葉→東京と1都2県を駈け抜けているんです。田舎っぽい風景や、川、工場、海、東京ディズニーランド、そして最後に高層ビルへと風景を変えていくこの路線は、乗っているだけで旅気分☆乗客も総替りで、その駅によって雰囲気が違う。学生ばっかりだったり、サラリーマンだったり、外国の方が多かったり、サッカーファンだったり、家族連れやスーツケースを抱えてる人だったり…。それぞれの人の生活を支えているんだな~☆
ってな感じで、半年に1回ぐらいは衝動的にこんなことしてます~。私って変わり者?さて、今度は何線にしようかな、笑。

ちなみに、武蔵野線に揺られながら頭に浮かんできたBGMは19の三分間日記♪←ふるっ!!
[PR]
by sud-sayur | 2005-09-26 23:47 |

帰国ラッシュ!!

久々の更新です!
最近の嬉しい出来事といえば、9月に入って海外から帰国する友達がやたら多いってこと!いいね、海外☆土産話って、すっごく大好物なのだ~!!大学の友達はフランス、イギリス、ドイツ、アメリカ、カナダから帰ってきました。香港のディズニーランドに行ってきた子もいたな。みんな色々面白いことしてるね~!話を聞いてるだけでもすごく興奮するのに、フランスのお菓子やカナダのメープルシロップをもらっちゃったりして、私はめっちゃ嬉しいゾ~(*^o^*)

そして、高校時代よく遊んでいた友達(遅刻常習犯!成績会議常連!チャリ通仲間。)が、1年間の留学を経て先週アメリカから帰国しました。というわけで、今日は高校の友達3人と浦和で飲み♪土間土間で5時間しゃべり続けたわけです。(長居しすぎ。お店の人ごめんなさい。。)アメリカのワイオミング州ロックスプリングに住んでいた友達。かなり田舎らしくて、空気もよくて、とっても気に入った様子。車を乗り回し、色々と楽しいことやちょっぴり危険なことも経験してきたみたい。勉強は大変だったみたいだけど。ま~昔からだけど、彼女はホントたくましく面白く生きている。ポリスだの、ジェイルだの、インシュアランスだの、ちょっと笑えない話もあったけど!何でも面白いネタにしちゃう彼女はホント頭の回転速いな~って思う。そんでもって、表には絶対出さないけど何気に根性あるんだ。今度はアメリカの四年制大学に編入するため、いったん日本でお金を稼ぐらしい。ガンバレ!!

喋っていたら、今年の春にボストンへ行ったときのことを思い出したよ~。e0019018_1593284.jpg (写真は2005年2月 in Boston。)ボストンの図書館で待ち合わせしたね。大粒の雪の中、チーズケーキファクトリーでお茶して、クラムチャウダー食べて…。あ~思い出すわ☆今度、ボストンの写真をたくさんupしようかな。

今夜のBGMはグリーンデイの♪WAKE ME UP WHEN SEPTEMBER ENDS♪でした。いい曲~!!!
[PR]
by sud-sayur | 2005-09-26 01:45 | Life

地元っ子☆

地元で遊んだ。
22時頃からポツポツと地元の公園に集合。8人ぐらい集まった。(不良じゃないよ。)私の中では、地元と言うと中学の同級生。さいたまって土地柄、一人暮らしをしている同級生は少ないのです。だから、地元で集まるとなるとわりと簡単に呼び出せる。公園でお酒飲んで、花火やって、いろいろ語って…。そして、場所が「公園」っていうのがポイント!静かで薄暗くて、貸切。すごく落ち着くな~。夏の終わりに、みんなに会えてよかった~!!みんな、それぞれ色んな道で頑張ってるってわかって、私もやる気が出たよ。新学期、やってこい!!
[PR]
by sud-sayur | 2005-09-17 02:45 | Life

200分待ち!!

万博へ行ってきました。相方(rieちゃんふうに!)は、地元の友達、追試を終えたばかりの薬学生。万博は、平日だったけどとにかく混んでた~。そして暑かった~。
e0019018_23242630.jpg
6時東京発の新幹線で名古屋へ向かう。それから在来線、リニモと乗り継いで万博会場へ。並んで並んで、やっとこさ入場したのは10時半。ここまででかなり体力消耗してます。太陽さん照りすぎです。暑いです、ほんとに。会場に入ったときはワクワクしたけど、なんか、なんか、なんか、なんか、なんかが足りない……。そう、音がなーい!!TDLみたいに、スキップしたくなるような音を求めていた私は、ちょっとテンション下がる↓でも、励ましあってなんとかドイツ館までたどり着く。が、しかしやっぱり長蛇の列。「もう、やだ~」というわけで、この後私が回ったところを報告までに…

(午前)スペイン館、トルコ館、ブルガリア館
(午後)長久手日本館◎、中米共同館、アンデス共同館◎
(夜)インド館、中国館、バングラデシュ館。

だったと思う。特に気に入ったのは、日本館とアンデス共同館。日本館はさすがに工夫が凝らしてあって面白かった。背の高い大学生ぐらいの男の子2人が、私たちが小さいことに気づいてくれて、一番前の観覧席を譲ってくれた。優しかった。惚れそうでした、笑。e0019018_232506.jpg(↓写真は長久手日本館の中。)
アンデス共同館は音楽がノリノリだったの。そして、店員さんも歌いながら接客。ノリノリ~!テンション上がってしまった私は、オカリナをお土産に買って、さらに店員さんに英語で話しかけちゃった。こういうの、待ってたのよ~(^o^)そして、夕方にドシャ降りの雷雨があったので、その後はかなり涼しかった。夜は電気がキラキラしてて素敵だったな。万博行くなら夜だね。インド館以降は、超ミラクルスーパーハイテンションな私の姉(愛知県在住)と合流しました。会うのも久しぶり!まさか万博会場(インド館前)で待ち合わせるとはね。それにしても、なんであなたは仕事帰りだというのに、そんなにしゃべるの?っていうぐらいしゃべりまくる姉。インド館では2つで1500円のカレーを「3つで1800円!!」とかいって交渉してるし。店員さん「いいよ。」とか言っちゃうし。100円のキーホルダー10個も買ってるし。誰にあげるのよ。あなた万博5回目でしょ。みたいな~。実はこの人、展示を見るというより、買い物が目当てなのです。少しは案内してよー。ま、でも久しぶりに会えたし、そのマシンガントークも聞けて、元気そうでよかった!というわけで1日目は、この後ユースホステルに宿泊。管理人のおじさん優しかった。
2日目は、かなりの疲れのため、ゆっくり起きて、昼から栄や名古屋駅周辺をウロウロしました。e0019018_23253360.jpg  (↓写真はお昼に食べたきしめん。)
名古屋ってあんまり観光地ないけど、いい人多いな。道聞いた人も、ティッシュ配ってるお兄さんやお姉さんもみんな親切だった。なんか今回の万博・名古屋旅行で一番気に入ったのは、ここんとこかもしれない。人の温かさや親切っていいよね。東海、気に入ったゾ!

帰りは格安高速バス。バス移動なんて慣れたもんだ。でも首都高を通って東京の夜景を見ると、やっぱ東京ってすごいな~と思った。やっぱ首都だね。素直にカッコイイよ。おしゃれな設計の高層ビルがすき間なく並んでて、21時を回ったって明かりが煌煌としてる。みんな何食わぬ顔して早歩きで家路へ向かうんだ。
そして、私たちはパンパンに膨らんだリュック(!)を抱えて、帰宅ラッシュで満員の埼京線で地元さいたまへと帰ってきたのでした。現実だ。あ~、これで夏休みも終わりだね。淋しいけど、たっくさん思い出できた!!一緒に旅行した友達や、旅先で出会った人たち、感動的な景色に感謝です。今度は一人旅もいいかも♪
[PR]
by sud-sayur | 2005-09-15 23:59 |

♪藝大祭♪

行ってきました、東京藝術大学の学祭。去年よっぴー(!)に連れて行ってもらって以来、すっかりハマってしまった。芸術系の学祭は、なんか一般的な学祭と雰囲気が違っていて興味深いのです。芸術に関してまったくの素人だし、な~んにもわからないけど、すごく楽しめました。
藝大祭の魅力
  □上野っていう場所が◎
  □映像作品が面白い!
  □出店がオシャレ。
  □食販も個性的で美味しい!
  □歌や楽器、絵画が本格的。
  □学生さんが素敵。お洒落。
などなど。今日はあまり時間がなかったので、全行程、急ぎ足。映像作品を一通り見た後、手作りパフェ食べて、上映会でイラク戦争の生々しいドキュメントを見て、ズシーンと重たい気分になったので、キーマカレーを食べて元気を取り戻し、最後に上野駅のスタバでよっぴー(!)と積もり積もった話をしました。あっという間に時間が過ぎてしまったので、明日のことを考え、止まらない口を押さえながら、やむなく解散しました。
結論!!「共学っていいな~。」
[PR]
by sud-sayur | 2005-09-11 01:55 | COLLEGE

江ノ島、再発見!!

藤沢から江ノ島へドライブ!天気は快晴◎今年は何度も海へ行ったけど、湘南に来たのは久しぶりでした。前に江ノ島へ来たときは、時間がなくてゆっくり回れなかったけど、今回はじっくりたっぷり江ノ島を味わいました。島の裏側まで歩いていったり、あんみつ食べたり、展望台で夜景を見たり…江ノ島ってけっこう面白い!
e0019018_144638.jpg
e0019018_1442054.jpg
e0019018_1443216.jpg

湘南はなんかカッコイイ。ちょっと不良でイケてる感じ。私のイメージだと、湘南と言えばサザン、SMAP中居くん、リップスライムなのです。ステキ♪
夜風と波の音がたまらんでした。
これは埼玉にはない雰囲気♪だね。
[PR]
by sud-sayur | 2005-09-10 23:59 |

6歳の思い出

小学校の同級生5人で飲んだ♪
しかも、小1・2のときのメンバー!これはすごく奇跡的な再会だったの。

小2のとき、なぜかすごく仲よくなった私たち。よく遊んだし、よく語った。(6歳で語ってたっていうのが面白いでしょ。)幼稚園時代、登園拒否みたいなことになっていた私を、学校大好き!なお転婆娘にしたのも、この人たちのおかげだったんじゃないかな~と、今でも思ってる。

でも、2年生の終わりに一人の男の子が引っ越しちゃった。突然だった。この人は「僕らのクラスのリーダー」的存在。決して「良い子」ではなく(!!)、いたずら大好きのやんちゃ坊主。(よくスカートめくりしてたね、この人。なつかしい~!)それで、クラスは太陽を失ったような気分に…。すごく淋しかった。。で、もう一人の男の子も小4のとき引越しちゃった。女の子の一人は都内の私立中学へ進学したから、地元ではあまり見かけなくなった。私も学区の関係で隣の中学へ進学したから、小学校の友達とは会うことが少なくなった。もう一人の男の子も中3で引っ越しちゃった、と人伝に聞いた。

つまり、必然のことだったのかもしれないけど、音信不通になっちゃった…。小学校の友達なんてこんなもんだよな~なんて自分に言い聞かせつつ、「いつか会えたらいいな~」と密かに思っていた。けど、まさか実現するとはね…。
だから奇跡的だった!たまたまサッカーの試合で見かけたのが発端らしい。みんなサッカーを続けてたっていうのがポイントかな。
今日の飲み会は久々すぎてみんな緊張気味だったね。そりゃ、13年ぶりとかだもんね。でも、楽しかった!!嬉しかった!!みんな大人になってた。カッコよくなってたし、可愛くなってた。そして、色んな経験を積んでいた。みんながみんな魅力的~。友達って本当に本当に財産だよね。私、昔から仲良くなった友達がよく引っ越しちゃう。引越しじゃなくても、様々な理由で離れていくことが多いの。なんで~???すごく淋しいよ、本当に。でも、どこに住んでいようと関係ないよね、今の時代!信頼関係の方がずっと大事だモンね。目に見えないけど、なんか繋がってる感じ。こういう信頼みたいなのが、私の原動力になるんだ!!がんばろ~!!
[PR]
by sud-sayur | 2005-09-09 23:55 | Life

…テレビにラジオに…

更新遅くてごめんなさい。
今日は久しぶりに大学へ行きました。授業じゃなくて、サークルのミーティング。なんか友達の顔を見たら、早く大学始まってほしいなーって思っちゃいました!!

最近観たテレビから…(ちょっと真面目。)

「ボイスレコーダー」。これは8月12日にTBSで放送された、日航機墜落事故の真実を描いたドキュメント。大阪に行ってるときホテルの部屋で観たんだけど、なんだか見入ってしまって、途中無残さに言葉を失った。そして、最後のシーンが今でもなんか忘れられない。あの事故があって以来、私たちの想像とは比にならない程の誹謗・中傷や嫌味を言われ続けた機長の遺族。しかし、ボイスレコーダーで明らかになったことは、機長や操縦士が最後まで懸命に、全力で、奇跡とも言われる30分間を操縦していたということだった。それがマスコミに出ると、遺族や世間の目が変わる。そして、機長の妻(片平なぎさ)が慰霊登山で御巣鷹山を訪れた時のこと。今まではどんなに責められても何一つ言い訳ができない状況にあった妻が、遺族の方とすれ違い、初めてお礼を言われる。そのときの、足から倒れるように泣き崩れるあの姿。あれは忘れられない。「ありがとう」の一言、たったその一言で全身の力が抜けて、地面に泣き崩れてしまうってこと。

「積木くずし」。これは9月3日、4日にフジテレビで放送されたドラマ。どうしようもなく不良になってしまった娘が更生した、ということを実名を出して本にした俳優の父。でも、その本は結局親のエゴであって、娘が非行に走った理由や真相は何も書かれてはいなかった。私は昔のドラマを見たことがあって、そのイメージが残っていたけど、今回は真相が明らかになるということで、前から気になっていた。今回はだいぶ脚色も加えてあったから、どこまでが真実なのかはわからないけど、中学1年生の朋美ちゃんにあんな経緯があったというのは衝撃的だった。怒りすら感じた。さらに「積木くずし」の本が出版されたことによって、朋美ちゃんの傷ついた心はどんどん固まっていってしまった。本来は純粋で優しい朋美ちゃんの心が、どんどん頑なに隠されていっちゃったのかも。見ていて悲しかった。最後は、病気が悪化していることを隠して、それでもお父さんのために…と明るくて元気な女性を演じる朋美がいた。「私は大丈夫だから!」と口癖のように言う朋美ちゃんに、誰か優しい手を差し伸べてあげられなかったのかなぁ。

うん!なんかこの2つの話が心に残っていたので、ここに書いておきました。

ELLEGARDENのラジオが始まってしまったので、今日はここまで。細見さん、今日のMXPXのライブ行ったんだって~!!!!!いいな~◎
[PR]
by sud-sayur | 2005-09-08 00:46 | MUSIC