にこにこ日記♪


by sud-sayur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ご無沙汰しています。

ご無沙汰しています。
東日本大震災の現実が日に日に明らかになっていき、心が痛みます。

3月11日、私は会社のオフィスで仕事中でした。高層ビルなので、かなり揺れが激しく、机の下に潜りましたが、しゃがんでいてもバランスが取れない程でした。

あれほどの大きな揺れを経験したのは生まれて初めてだったので、一瞬覚悟をしたぐらいです。
幸い被害はありませんでしたが、心臓のドキドキは暫くおさまらず、家族と連絡が取れない間は本当に不安でいっぱいでした。

でも、東北地方の津波の様子をテレビで見て、更に驚きました。
映画の影響なのか、津波というのは大波がザブーンとやってくる、というイメージでいましたが、今回の映像を見ると、海がそのまま押し寄せてきた、という感じがしました。本当にこわいです。

その後いろいろな情報を、主に、テレビ、ラジオ、新聞、twitter、mixiから得ています。

原発問題については、今まで自分があまりにも無知だったことを深く深く反省しています。
福島原発のおかげで、首都圏に電気が供給されていたんだ、という事実。
私たちは、電気がなければまともに生活できないんだ、という事実。
恥ずかしながら・・・節電を通して、いろいろ知ることができました。

私たちの日常に、もっともっと感謝しなきゃいけないなー。
便利で眠らない街、キラキラ輝く夜景など、これからは今までとは違った景色に映るんだろうと思います。

電力会社・関連会社の皆様、自衛隊、消防隊の方々、住民の方、その他にも私がまだ知らない人たちが今現場で戦っていることを思うと、本当にありがとう、という気持ちでいっぱいです。
これらかが大変だと思いますが、わたしもできる限り正確な情報をキャッチして協力したいと思います。

さらにこの間、NewYorkTimesが掲載していた東日本大震災の写真を見て、現地の被害、現実というものに愕然としました。史上最悪の災害であることは言葉では聞いていましたが、写真はそれをありのまま伝えていました。日本のテレビでは報道されていない(まだ報道できないのだろうと思います)光景が、実際にはまだまだあることを知って、被災された方の心の痛みは計り知れないだろうと感じました。

そして、高校野球の選手宣誓に非常に感動しました。
何度見ても泣けてきます。
彼のまっすぐな目を見ていると、私も気持ちが浄化されるような気がするし、
これから皆で支え合いながら頑張っていこう、という気持ちになります。

きっと被災された方々の周りでは、被災していない人たちが日常のペースを取り戻して生活していくことが大切なのだろう・・・とも思います。私も周りの人に感謝しながら、今できることを真摯に一生懸命やっていこうと思います。
[PR]
by sud-sayur | 2011-03-27 13:40 | Life